今日は帝国ホテルのレ・セゾンでブレックファースト・ミーティングをしてきました。
レ・セゾンさんの朝食は、店内の空間、サービス、お料理、いずれも素晴らしく、
とても優雅な気分で1日が始まるのでお気に入りの場所です。


コンチネンタル+卵料理

卵料理は調理の仕方により異なり、今回のボイルドエッグはカトラリーがティースプーン、
器はエッグカップです。

いつもはオムレツやスクランブルエッグですが、今日はシンプルにボイルドエッグを頂きました。
以前、パリのリッツに宿泊した際は、ある紳士がベーコンの焼き加減にも拘っていらっしゃって、
サービスの方が何度も熱心に調整している姿を見てプロ意識の高さを感じましたが、
今日のレ・セゾンさんのように私の好みに即座に対応して頂くのはやはり感激!
やや半熟の絶妙な茹で加減に朝から幸せな気持ちになり、サービスの方の気さくなお声かけや
お気遣いも嬉しく、帝国ホテルさんが一層好きになりました。

私のようにいつもはオムレツやスクランブルエッグを召し上がる方も、たまにはボイルドエッグに
挑戦されてみてはいかがでしょうか。