アマン東京にて

 アマン東京にてアフタヌーンティーレッスンを開催致しました。
 吹き抜けの優雅な和テイストの空間でプレートやカトラリーなどがブラックを基調としたモダン
な雰囲気の中、帽子やバッグ、靴がチョコで作られたスイーツがとても可愛らしかったです。本来
のトラディショナルな自宅でのおもてなしの仕方に触れた後、アフタヌーンティーの頂き方、会話
の仕方をご説明し、ご参加の皆様と楽しく歓談しながら頂きました。

 アフタヌーンティーが好きでいろいろなところでいただくのですが、最近、日本では、例えば
アマンのブラックアフタヌーンティーのようにチョコレートに特化したり、ストロベリーなど
季節のフルーツに合わせたプランを提供したり、リッツ・カールトンのように茶葉を豊富に
用意たりなど各ホテルに特徴があり、気分によって選べるのが素敵ですよね。
 また海外では、伝統的なヨーロッピアンホテルなどは重厚な建物が多く、歴史的な装飾を見渡
しながら、ゆったりとティータイムを満喫できるので、旅先でもよく楽しんでいます。

Ritz LondonにてSavoyにて

 アフタヌーンティーといえば、食べきれないほど出すのが本来の伝統的なおもてなしの仕方
ですが、以前マンダリンオリエンタルでスコーンを頂いた際に、スコーンのお代わりができると
聞き、(実際お願いすることはなかったのですが)日本のホテルでもアフタヌーンティーの伝統
が残っていて嬉しかったです。

 ゴールデンウィークや夏休みを控え、海外旅行に行かれる際に、ラグジュアリーなホテルでの
アフタヌーンティーを計画される方もいらっしゃるかと思います。
 ティータイムというと日本では3時という感覚をお持ちかと思いますが、ヨーロッパでは
ティータイムは大体4・5時から始まります。
 プロトコールの基本理念、郷に入っては郷に従えで、是非、ヨーロッパのアフタヌーンティー
を満喫されてみてはいかがでしょうか。